2006年1月26日 (木)

義務教育

先日ラジオを聞いてたときのこと。DJとリスナーが電話で会話する
コーナーがあった。電話の相手は中学生。聞けば、ここ1年くらい
まともに登校していないという。フツーに考えれば単なる登校拒否?
(これはこれで問題だが。)と思いながら聞いていたが、

「別に(勉強を)やりたいとは思わないし、やっても意味がない」

と言った理由だったと思う。特に友達つきあいが悪い訳でもなく、
休んでいる間も友達と遊ぶことやライブ等へ行っているらしい。

ん?・・・義務教育では!?

「義務教育」について調べてみる。

「子供が教育を受ける義務では無く、
大人が子供に教育を受けさせる義務」

つまり、学校へ行かなくても、教育できれば良いという発想。
「学校へ行かせる」のが義務となっているご時世ではある。
確かに家庭教師で学力が付くのであれば、それも良いと思う。
しかし、「社会」という集団生活において、「学校」という
1つのコミュニティに自分を置くことで養われることだって
あるのでは? まぁ、学校以前に「家庭・家族」という立派な
学校もあるのだけれど・・・。

これも1つの生き方なのかな?と考えさせられる番組だった。
ちなみに番組は、普通の若者向けのラジオ番組でした(^_^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)